冬にニキビが増える原因とは? 肌の乾燥対策がポイント!

ニキビ

冬のニキビにお悩みの方は意外と多いと言われています。実は私も夏より冬の方がニキビ発生率、発生量は多くて苦労していました。一般的には皮脂の分泌が増える夏の方がニキビは出来やすそうなのに、何故冬にニキビが増える人がいるのでしょうか?

今回は冬に出来るニキビの特徴について解説します!

何故、冬にニキビが出来るのか?

気象庁のデータより作成 (1981~2010年平均)

冬にニキビが増える理由、それはずばり肌の乾燥です。 上記のように、冬は他の季節に比べて湿度が低くなっています。

空気が乾燥する冬は、肌から蒸発する水分量も増えます。肌が乾燥すると、肌の角層細胞の成長に異常が現れ、角層細胞自体が縮小して毛穴を塞いでしまいます。これがニキビの原因となってしまうわけです。 冬にニキビが増えるなぁ、と自覚のある方は、特に保湿に気を使いましょう。

乾燥が原因なので、肌の保水量が多い10代よりも、20代以降の方が冬にニキビが増えることが多いようです。

特に思春期の方は、肌乾燥が原因でニキビが出来ることは少なく、過剰に保湿をしても効果が無いと指摘している論文も出ていますので、その点は注意してくださいね。

冬ニキビは予防が大事!

肌の乾燥が原因なので、行うべき予防策は保湿です。とは言え、「保湿は常日頃からしっかりとやっているのにニキビが出来る…」という人も多いかと思います。

そのような人は保湿方法を一度見直すべきだと思います。世間一般で言われている保湿方法は、ハッキリ言って「普通の人」用のもので、冬にニキビが出来やすい人には、特別な保湿が必要であると考えます。

なお、ニキビが出来てしまうと保湿だけで対処することは難しくなります。ニキビが既に出来てしまった人は、皮膚科で「過酸化ベンゾイル」などのニキビ薬を処方してもらい、それらの薬を併用しながら保湿を徹底していきましょう。「保湿をしていれば、今あるニキビは消える」という考えは捨てるべきです。

それでは冬ニキビ要望のための保湿方法をご紹介していきます。

冬ニキビ予防のための保湿その1 朝晩の洗顔後の保湿はしっかりと!

まず、朝晩の洗顔の後は、必ず化粧水で保湿を行い、乳液等でカバーをすることを徹底します。その際に使用する化粧水は、 保湿効果の高いヒアルロン酸配合のもの、更に言えば、ノンコメドジェニックテスト実施済みのものが望ましいですね。

化粧水にヒアルロン酸を追加する方法もありますのでご紹介しておきます。それは、「太陽のアロエ社が売っているヒアルロン酸原液」を化粧水に混ぜて使う方法です。化粧水に2-3滴垂らすだけで、化粧水中のヒアルロン酸濃度を劇的に上げることが出来ます。いつもの化粧水が、トロトロの化粧水になるので面白いですよ!

それほど高いものでもありませんので、興味のある方は一度お試しいただければと思います。薬局に置いてあることもありますが、中々レアな品なので、通販で買う方が楽です。

乳液はどんなものでも良いと思いますが、ニキビ予防に特化したシリーズの製品もありますので、出来ればそういったものを使った方が良いでしょう。

冬ニキビ予防のための保湿その2  保湿は一日3回を目安に!

次に、日中にも保湿を行いましょう。私は、日中に保湿を行うようになってから、冬ニキビが激減しました。

そもそも、冬に肌が乾燥するのは空気が乾燥しているからです。オフィスや学校には暖房器具はありますが、加湿器が付いていることは少なく、付いていたとしても不十分であることが大半。

社会人の方であれば、机の上に個人用加湿器を置くことで、周囲の湿度を多少上げることが出来ますが、大学生の人は移動教室がほとんどですから、湿度の高い状態を維持することはとても難しいと思います。

例えば朝晩の洗顔時の保湿のみ行うケースを考えてみましょう。朝から晩までの間に、人によっては12時間以上間が空くことになります。しかも、その間は外にいることになりますので、乾燥した外気に肌が触れ続け、肌の水分量はどんどん奪われていきます。

一度に肌細胞が保持できる水分量は決まっています。朝晩の洗顔後にしっかり保湿をするのは当然大切ですが、これらの洗顔のタイミングで一日分の水分を補おうとするのではなく、外出中にも保湿を行うことで、常に肌に潤いがある状態を意識しましょう

最近では、メイクの上から保湿することが出来る化粧水もたくさん販売されています。こういったアイテムを活用することも検討してくださいね。

冬ニキビ予防のための保湿その3  部屋の加湿を忘れずに!

最後に、自宅でも肌の乾燥をなるべく防ぐために、部屋の加湿を怠らないようにしましょう。加湿器を設置して置くのが一番手っ取り早く、且つ効果的です。大体の人は風邪対策などで既に持っていると思いますので、水の補充を毎晩忘れずにしておけばOK。

もし持っていない人でも、最近は安くて良い加湿器がたくさんありますので、これを機にお店で買ってしまいましょう。

他にも洗面器に水を入れておく、濡れタオルをハンガーで吊るしておくなど、部屋の湿度を保つ方法には色々なものがあります。

工夫を凝らして、部屋の湿度を高く維持して、肌からの水分蒸発を防ぎましょう。

まとめ

①冬は空気が乾燥するシーズン。肌の水分量も減って乾燥しがち。

②肌が乾燥すると毛穴の詰まりが発生。

③ニキビが出来やすい人は乾燥しやすい人。一日3回の保湿でニキビ予防を!

タイトルとURLをコピーしました